企業によって行われる人材教育の方法

企業による人材教育の方法には大きく分けて、仕事上指導、集合研修、自己啓発があり、これらを教育の3本柱といいます。
仕事上指導は一般的な人材教育の方法で、上司が実際行っている仕事を通して必要な知識や技術、技能や態度等を指導していき、習得させていく方法です。

仕事上指導は人材教育には最も大切な事で、単に社員に勤務しながら技術を習得させるだけではなく、計画性や継続性を持ち、意図的に社員を教育する目的があります。

そして、教育する側の技量により、成果に変化が出てくるものです。
集合研修は、仕事の現場から離れて行われる人材教育で、この研修を行う講師には内部講師と外部講師がいます。

内部講師は、社内間の事情や業務内容に精通しているといったメリットがあります。
しかし、会議など会社の時間や都合に影響されやすい事や、社内にある知識だけしか学べないといったデメリットもあります。

外部講師は人材教育のプロなので、会社のシステムに必要な教育をしてくれますが、費用がかかります。
企業は、集合研修で理論を学んで、仕事上指導で実行する事で相乗効果が得られます。

最後に自己啓発とは、社員本人の意思で自身の能力を開発する事で、決して他の誰かに強いられて行うものではありません。

自己啓発の方法は多数ありますが、自己啓発セミナーの参加や自己啓発系の本の読書、自己啓発CDの聴講や英語学習、コミュニケーションの向上や資格取得等があります。

経営者と同じように、社員にも積極的に学習する姿勢を求めるのはとても難しいですが、社員に学ぶ事の動機付けをしてあげる事は大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ