人材派遣業界の現状と今後について

就職難が続く近年、人材派遣業界は苦しい状況で、これからは、即戦力となる優秀で専門性がある人材の確保が、人材派遣業界活性化の鍵になりそうです。
リーマンショック後の派遣切りでもわかる通り、相変わらず人材派遣業界は苦戦を強いられています。

しかし、一方では、人材派遣業界の今後に期待する声も聞かれます。
それは、益々経営が厳しくなっている企業にとって、人材派遣はメリットがあるからです。

その第一の理由として、企業が求める時に求める人材を、求める人数だけ活用できる点が挙げられます。
その人材は即戦力なので、育成や採用に費用や時間をかける必要がありません。

派遣会社を通していることで労務の手間が省け、交通費や福利厚生費などもかからず、コスト削減に大変貢献します。
また、新しい人材なので、周囲に与える刺激や活性化が期待されます。

よって、今後の派遣社員は更なるスキルアップが必須となってくるでしょう。
そして、スキルにも専門性が求められ、人材派遣会社間では、優秀な人材をいかに揃えられるかが鍵となりそうです。

市場縮小や派遣法改正など、変化が激しい環境の中でも、伸びている派遣会社はあります。
そういう企業の共通点は、何かに特化しているという点です。

例えば、主婦パート派遣に特化している、高齢者に特化しているなど、ある分野や職種、業界に特化して一番化している会社は業績を伸ばしています。
人材ビジネスでは、一番の会社に人材も仕事も集まります。

特に、現在の日本のように市場が縮小すると、一部の会社に顧客が集中することがあります。
自社の力で一番を取るには、職種や業種を絞ったり、ライフスタイル層を特定したりして、そこで一番を目指す必要があるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ