人材養成の必要性と関わる人間に必要な意識について

組織の中で才能を使い、物事をうまく処理し、組織の機能を向上させることが出来るであろう存在を人材といいます。
組織が求める人材に必要なのは、その企業の組織や職種にとって、平均的な能力ではなくそれを上回る能力です。
各企業の要求に適合する人材を育成していくことは、社会の中で教育として大変重要なことでしょう。

「じんざい」には、長期にわたり企業を支え、利益をもたらしてきた人物を「人財」とするような、細かいニュアンスを様々な漢字をあてて伝えようとする場合もあるようです。

これには他に、利益ではなく企業に損害を与える「人罪」、言われた仕事だけしかせずただいるだけの「人在」などもあります。
現在、企業に本当の意味での利益をもたらすような人材を育成するための教育や、訓練を行う人材養成が盛んに行われています。

実務的なスキルを磨くだけではなく、仕事に対する意識や行動をも変えるというような研修を行っている人材養成が人気です。
現在の若者は、指示されたことは要領が良く行いソツがないといわれる反面、自発性がない、情熱が足りないなどとも言われます。

しかし、自発性も情熱もあるが引き出されていないだけという考えに基づき行われる人材養成もあり、そうした研修も取り入れられています。

これまでに経験したことがないような、環境変化に対応せざるを得なくなっている現在の日本では、新人や若手だけに限らず、経営者に至るすべての人間に、変化に対応する力が求められているのです。

年代や、人材養成する側される側に関わらず、恐れず自身を変革していくという思いと行動が不可欠だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ