深刻な人材不足の現状と考えられる対策

現在、色々な業界の多くの企業や事業所で人材不足が生じています。
この影響で本来の事業目的を達成できなかったり、内部でトラブルや問題が発生したりする企業や事業所が多くなっています。
人材不足が生じる要因は、いくつか考えられます。

まず、人材不足の業界や企業には、そこで働こうと思わせる魅力が感じられにくいという状況があります。
その主な理由としては、重労働や危険な場所での労働が多いことやクレーム対応などで精神的な疲労度が高い労働なのに、賃金が非常に低いことなどが挙げられます。

しかし、これらは一般的にその業界が持たれているイメージであることも多く、実際はイメージよりも条件が優しかったり、就職希望者がやりがいを感じる別の要因もある可能性もあるようです。

人材不足の業界の立場からは、就職希望者が参加して、業界の実際の状況を理解してもらい、就職意欲を高めるセミナーの開催や、国や自治体に働きかけたりコストを削減したりして、賃金を少しでも上げる努力が人材不足の対策には必要でしょう。

しかし、労働者の人間性の低下も課題です。
企業によっては、どこにも就職が決まらなかった新卒の人や、長い間職のない状況が続いていた人などの最後の受け皿となってしまっている場合があります。

これでは、社内でのトラブルが頻発して、有能な社員が退職する率も上がります。
このような状況では社内で対応しきれない場合もあるので、専門家に依頼して、労働者の教育や指導を行い、労働に適応できる人間性を育てることが必要です。

また、悩み相談ができる機関を設置することも効果的だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ