人材派遣業務の歴史について知ろう

人材派遣業とは、派遣会社が雇用する人を派遣先へ送り、その派遣先の指揮命令により、派遣先の仕事をさせる事業のことです。
人材派遣業務には、一般労働者派遣と特定労働者派遣の2つがあります。
前者は、派遣会社が派遣希望者を登録し、働き先を見つけて、登録者を派遣社員として雇用し派遣する形態です。

そして後者は、会社で現に働いている社員だけを派遣社員として派遣する形態です。
現在の人材派遣業務という形が日本で生まれたのは、1966年に、アメリカのマンパワー社が日本に進出したのが始まりです。

それ以前にも、江戸時代の頃から人貸しなどという労働力の派遣は建設業を中心に行われていたようですが、当時は、二重三重の又貸し派遣が当前のように行われ、法律の規定もなかったので賃金も不当に多く差し引かれ、派遣される労働者の環境は最悪でした。

また、人貸しを行う業者には怪しい所が多く、長年、日本の人貸しは社会的に真っ当でない商売とされていました。
それが変わるきっかけが、マンパワー・ジャパンの設立です。

しかし、当時の日本に人材派遣という新しいタイプの業態はなく、違法となっていました。

そこで、当時は業務の監督も派遣会社が行うことで、請負業の形態を擬似的に取っていたようです。
その後、派遣業が認められ、1986年にはついに労働者派遣法が制定されました。

この時許されていた派遣は専門的な13業務でしたが、その後26業務に緩和され、さらに、1999年には禁止業務(港湾運送業務・警備業務・建設業務・病院等の医療関連業務)以外の全ての業務に派遣できることになりました。

急激な成長や規制緩和でめまぐるしく変化してきた派遣業ですが、派遣社員にとっての法律や制度の整備は、これから始まると言えそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ