人材育成のポイントは誰でも実際の現場で指導できること

企業にとっては、業績の拡大が最優先で考えられることなので、そのため社員の教育には時間も資金もあまりかけられないのが多くの企業の現状です。
しかし、新人教育をうまく行うことができれば新しい戦力が増え、結果的に作業効率が上がり業績アップにつながります。
効果的な人材育成のためには、いくつかの重要なポイントを踏まえた教育をすることが大切です。

人材育成における1つ目のポイントは、どんな上司がどんな部下を教育しても、効果が高い方法を取り入れることで、当然ながら、人は1人1人能力も個性も異なります。

そして、それは上司も部下も同じです。
したがって、上司の能力を活かしたり、部下の個性に働きかけたりする指導をしても、1人の部下をうまく育てられたとしても、別の部下の教育には失敗するという事態が起きる可能性があります。

そうならないために、誰が教育しても成果が出やすい方法を考えることが重要です。
人材育成の2つ目のポイントは、指導の内容を実際の仕事の現場で効果のあるものに絞ることです。

人材育成の方法に関する書籍や情報は多く手に入りますが、仕事現場の性質や、上司や部下の個性によって使える方法が異なります。
もちろん、方法を知ることは大切ですが、その方法を実行して成果を上げることがより重要なのです。

これらのポイントを踏まえた人材育成を行うために、社内での情報共有も不可欠で、新人教育に関する情報を報告したり、分析する機会を定期的に設けたり、指導用マニュアルを作成したりすることが有効だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ