静岡県の工業地帯の特徴と人材派遣

静岡県の工業が盛んな地域は東海工業地帯と呼ばれ、様々な業種が集まっています。
機械金属、自動車部品、金属プレスから食品工業まで、幅広い業種があります。
静岡県は気候が温暖で地形にも恵まれており、古くから地の利を活かした産業を育んできました。

また、南には駿河湾を望み、国際拠点港湾の清水港をはじめとして、田子の浦港、御前崎港などがあり、国内外を問わず交易が盛んで、コンテナ船やタンカー、客船が行き来しています。

陸上の交通では、中央自動車道、東名高速道路が通る交通の要衝なので、物流の面でも非常に恵まれています。

しかしながら、市場の流動化のスピードが速くなったことや産業のグローバル化が進んだことで、静岡県地域でも人材派遣業を取り入れるようになりました。

地域の特性からか、人材派遣の募集業種を見ると、貿易の仕事や工場での仕事が多い傾向があります。
派遣のほかにも、特に工場や物流といった業種においては請負業を多く導入しています。

請負業は人材派遣業とは異なり、労働者は請負業者の指揮命令に従います。
他の地域と同様、静岡県においても、産業構造のアウトソースが進みました。

しかしながら、ものづくりの世界では、熟練工に成長するまで長い経験が必要です。
経費の視点だけでアウトソースすればいいと言うわけではないことが難しいところです。

人材を育てるシステムを残しながら、いかにスムーズな人材の流動性を確保できるかが今後の課題と言えそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ