人材育成の有効な方法は適切な教育とやる気の向上

人材育成には絶対に効果的だと言える方法が存在せず、だからこそ、企業全体や管理職にとって難しい課題のひとつとなっています。
しかし、企業全体としての最優先事項は自社の業績の拡大であり、社員の教育はそれぞれの上司が任せられる事が多くなるものです。
上司は部下のやる気が上がらない事や部下の自主性の低さなどの課題に対して、自分なりの解決策を考えます。

人材育成の方法は、基本的には上司それぞれの自己流となりますが、専門の企業や研究機関によって成功率の高いものが紹介されています。
まず、仕事を教える際は物事を覚える時の効率的な手順や流れを研究して、それに即した教育をする事が非常に有効です。

この方法は、学校教育においても徹底的に行われていて、人間の心理的な特徴を利用した効果的なものです。
また、実際の仕事現場と研修など仕事以外の現場では教える内容が違うため、しっかりと内容を区別する事も重要です。

そして、やる気やモチベーションをアップする方法の研究も人材育成における課題で、これらは数値として表れるものではなく、また社員1人1人で向上するきっかけや要因も異なります。

そこで重要になるのが、上司と部下とのコミュニケーション力です。

上司は部下とのコミュニケーションを重視し、部下の思っている事をなるべく多く聞き出して、それらをもとに、やる気が向上するきっかけがどこにあるのかを探る努力をする事が必要です。

このように、人材育成の方法は、上司と部下それぞれの人間性によって大きく変化するため、きちんとした答えはありません。
行き詰った時などは、専門家に相談する事も有効です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ