人材派遣会社と企業と派遣社員の関係

通称「派遣」と呼ばれている人材派遣は、日本国内では第一次オイルショック以降から急増しはじめました。
現在では、人材派遣会社の規模の違いはあるとはいえ、数え切れない程の人材派遣会社があります。
派遣社員(正しくは労働派遣者)として企業に勤務するためには、派遣元であり雇用主でもある人材派遣会社に登録をして、派遣社員と企業の合意の元で派遣先の企業の派遣社員となります。

もしも面談の際に派遣社員が、この企業とは考え方が合わないなどの理由で紹介された話を断りたいと考えた場合は、人材派遣会社の担当者にしっかりとその旨を伝えれば他の派遣先を紹介してもらう事も可能です。

また、正社員になることを前提とし、一定期間は派遣社員として働くという紹介予定派遣もあります。
しかし正社員ではなく契約社員ということもあるので、紹介される前に諸条件をはっきりと知っておく事が大切です。

派遣先で勤務する時に大切な事は、勤務態度や社会人としてのマナーは当然ですが、一番必要なものは「協調性」で、派遣先での勤務態度が著しく悪いといった事があると、派遣社員を紹介した派遣元の信頼をも損ないかねません。

他にも、派遣会社の担当者から聞いた通りの仕事か、契約時と違う業務まで担当していないかなど、「派遣会社の担当者が言っていた条件や環境が合っているか」という点も見極める必要があります。

働く以上は、派遣会社と派遣先企業に納得した上で、楽しく働きたいものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ