海外人材の積極的活用で国際競争を生き抜く方法

国際競争が激しさを増す状況の中で、国内企業も海外企業との激しいシェア争いに巻き込まれています。
かつて、日本は特殊な商習慣などによって、外資企業の進出が難しいとされてきましたが、現在は規制緩和によって多くの外資系企業が日本へと進出しています。
特にサービス業については、日本に多くの拠点を設けて積極的な営業活動を行っています。

保険業界では、外資系の保険会社のテレビコマーシャルを見かける機会が増えています。
このような状況の中で、優秀な人材を国内企業と外資系企業とが取り合うということが起こっています。

外資系の投資会社が高い給与によって国内企業から社員を引き抜くことが起こっており、国内企業での優秀な社員の確保が大きな課題となっています。

この課題を解決する一つの方法が、海外の人材の積極的な活用です。
外国から日本に留学している学生の中には大変優秀な学生も多く存在しており、これらの学生を積極的に採用することで優秀な社員を確保する方法もあります。

また、実際に外国に住む優秀なビジネスマンを引き抜いて、国内企業で働いてもらうという選択肢もあります。

このような選択肢を採用するためには、社内の共通語を英語にしたり、欧米に準じた雇用形態にするなどの改革も必要となりますが、少子化により、国内の労働力の減少は避けられないことから、外国からの採用数の増加は企業の実力を高めるためには必須の事項となります。

これからは、海外の人材確保のための採用ルートを如何に確保するかが大きな課題となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ