人材派遣の登録型と常用型のシステムの違い

人材派遣には、登録型と常用型という2種類があります。
2つの大きな違いは、雇用システムが異なることです。
常用型は人材派遣を行う企業に正社員として入社して、派遣先企業で就業を行います。
就業期間は依頼先企業の都合で決められ、その都度更新を行います。

依頼先企業での就業が終了すると次の派遣先が決まっていれば直ぐに就業が開始されますが、まだ決まっていない場合は待機となり、この間の給料も支給されます。

つまり、人材派遣と言っても職場がその都度変わるだけであって、一般の企業と雇用形態は同じことになります。
一方、登録型の場合は派遣会社に登録を行います。

この登録はあくまでも仮なものであり、仕事の保証があるわけではありません。
そのため、仕事が無ければ収入はゼロになり、仕事がある時だけ給料が支払われることになります。

登録は、他の派遣会社にも行うことが出来るため、派遣で就業する人の中には、いくつもの派遣会社に登録をしている人もいます。
就業先が決まると、派遣会社から派遣先企業へ派遣され、そこで就業することになります。

派遣期間は常用型と同じで、依頼企業先企業の都合で決められ、3ヶ月から半年の更新で決められます。
尚、更新は自分から辞退することも可能です。

職種によっては、同じ会社に3年以上就業することが出来ません。
これは、派遣法と呼ばれる法律で定められているものです。
3年以上同じ職場で働く場合は、その企業との直接雇用が必要となるため大変狭き門となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ