人材派遣法の改正ポイントについて

人材派遣法が改正され、基本的には、派遣労働者への待遇改善が主なポイントになっています。
その内容は、まずは日雇い派遣については、日々もしくは30日以内の期間を定めて雇用することが原則禁止になりました。
これにより、派遣で短期間で仕事をしたいと思っている労働者への仕事の供給量が減ってしまう可能性があります。

その代わり、それ以上の期間を定めないといけないので、ある程度の収入確保は見込めるようになります。

次に、ある程度長い期間、同一の派遣先に派遣されている労働者に対して、正社員への転換を努力義務化されたり、正社員との待遇差の改善や派遣額の明示がありますが、一番大きいのは、派遣元企業のマージンを公開することでしょう。

各社このマージンが違っており、大手ほどマージンが高い、つまり派遣される労働者への手取りが少なくなるということが実態としてあったので、これも労働者待遇の改善に一役買うことになるはずです。

今回の改正では、労働者の保護が改めて強調されました。
違法とは言わないまでも、低い待遇や労働条件で日々安心して仕事に就くことができなかった派遣労働者の意識改善につながるものと思います。

また、企業側や派遣元、派遣先も、労働者に対して公平でかつ労働意欲を高めていくことが今まで以上に求められてきますので、新たな取り組みを始めている会社も出てきています。

働き方が多様化している現在において、労働者保護の立場を明確にした人材派遣法は、今後も時代に合わせて修正されていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ