医師が転職やアルバイトを支援するための人材紹介

医師が転職やアルバイトを支援するための人材紹介というものがあります。
もともとは、医局や病院で先生同士助け合うという意味で行っていましたが、近年では、他の職業同様にサービスを提供する事業が存在します。
人の命を預かるため、絶対にミスが許されない職業です。

そのため、実際に一人前と認められ、患者と向き合うまでには早くても8年はかかります。
一般の職業であれば3年から5年とい言われていますが、最短で8年というくらいですから技量や知識などをとっても特殊な職業と言えます。

基本的にはアルバイトを禁止している医療機関が多いですが、年収や待遇に対する不満から、アルバイトをする医師が全体の6割程いるのが現状です。

人材紹介などでは、研修医を除いたアルバイトの時給は1万円以上と、サラリーマンでいうと日給並みに高額で、給料だけを見ると羨ましく思う人が多いのですが、医療現場では想像をはるかに超えた現実があります。

研修医などは給料が安いため、生活するためにアルバイトで収入の足しにしている人もいます。
医療機関では、医師同士で人材紹介をし、不足している人材を補い助け合っていますが、不足しているというのはとても深刻な問題です。

患者側からしても、都心であれば病院やクリニックで通っていたところが突然閉院したとしても代わりを見つけられますが、地方で町唯一の病院がなくなってしまうことになれば、何時間もかけて隣町に行かなくてはなりません。

実際に危機や閉院に直面した町もあるため、人材紹介などを利用して一人でも多くの医師が活躍することが期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ