アルバイトの人材確保を考える解決策

アルバイトの特徴として、学業や本職がメインにあっても、それとは別に副業として行っている方が多くいます。
労働期間は他の雇用形態に比べると比較的短く、1日または1週間などのケースも少なくありません。
職種も様々ありますが、正社員だけでは手が行き届かない仕事や深夜の仕事などもあります。

アルバイトといっても、従業員のほとんどが非正規雇用として採用しているところもあり、貴重な人材としている会社も多いです。

しかし、早期離職者も多いアルバイト人材は、人手不足の一因にもなっており、各社では今後、どのような対策を取り入れて離職者を減らしていくかが課題となっています。

とある大手飲食店では、職場環境の整備から見直しを図り、離職者の軽減に繋げていました。
採用した人に対して最初の3日間は、オリエンテーションや業務に関する研修を1日当たり約1時間実施します。

ここのポイントとして、チーム間のやりとりを円滑にするだけでなく、働き始めによくあるミスの防止効果も狙っているのです。
この取り組みを始めてからは、大半が実働20時間以内だった短期間アルバイトの離職者が、取り組み実施後は大幅に減りました。

雇用する側にとってはサービス意識が向上している姿が見られるといい、働く側にとっては早くから職場の仲間との一体感が持てると、双方から好評を得る結果となっています。

事業拡大に向けてますます出店を加速する外食産業にとって、アルバイトの人材確保を考える解決策は、今後の成長に大きく繋がると言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ