「人材は人財」であるというメッセージを、会社はどのようにして社員に伝えれば良いか。

企業にとって社員は宝です。
社員がいなければ企業経営は成り立ちません。
もちろん、お金などの財産もなければ企業としての体をなしませんが、それと同様に、人材は企業が持つ財産なのです。
つまり、「人材は人財」です。

しかし、そのような理念は「言うは易し、行うは難し」で、実践することはなかなか難しいと言えます。
たとえば、全社的なスローガンとして掲げたところで、社員が実際に感じていることと乖離していれば、それは絵に描いた餅となってしまいます。

社員の実感が最も大切になってくるため、社員の実感と会社側の理念が合致することではじめて実現したと言えるものです。
では、そのスローガンを実践するためにはどうすれば良いでしょうか。

まずひとつ言えることは、給与や福利厚生などを手厚くするだけでは、社員が会社に大切にされているという実感は湧きにくいと言えます。
給料が良いだけでは、会社は社員を大切にしているというメッセージにはなりません。

もちろん、給料が良いことを入社理由とする社員はいるでしょう。
しかし、それだけでは会社からのメッセージとはなり得ないのです。

では、どうすれば「人材は人財である」という会社からのメッセージは届くのでしょうか。
それは、社員が何に喜びを感じるかということに目を向ける必要があります。

給料を受け取るのは月に一回です。
しかし、会社からの叱咤激励やほめることは毎日でもできます。
つまり、精神的な喜びを与えることが、社員に向けたメッセージになり得るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ