人材戦略とは人材育成とも言う、企業の課題

人材戦略とは、人材育成とも言う企業の課題でもありますが、人材を育てるということは、非常に単純でありながら難しいことです。
同じ言葉を10人に伝えても、10人が同じ受け取り方で同じ答えが返ってくるとは限りません。
ある人は、まず採用して可能性を見つけることこそが中心になければならないと語っています。

新卒採用を例にとっても、学歴ばかり気にして面接してしまったとすると、面接で不合格にした人の中には学歴以上に企業の戦力になっていたかもしれない人もいるかもしれません。

現代の日本では、少しずつではありますが企業も変わってきています。

履歴書や職務経歴書などの資料を見て判断するのではなく、人材戦略のために試用期間を設けるなどして、採用して雇う側、雇われる側お互いの判断する期間を作っているのです。

雇う側であれば、採用した人の可能性や勤務態度などの資料ではなく、直接触れ合うことで判断が出来ます。
逆に、雇われた人にも同じことが言え、決してやりたい仕事と向いている仕事はイコールではないので、期間中に判断することが出来るのです。

そして、人材戦略のためには採用することが大切ですが、試用期間が終わった後には研修などスキルアップを図ることも大切になってきます。

昔は、仕事は教わるものではなく見て盗むものだと言われていた時代もありましたが、時代が変わり、企業がお金や時間を使って戦力を育てる時代です。

人材戦略を行っている企業、これから始める企業問わず、育てた人材は必ず戦力になるので、前向きな精神で取り組んでいきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ