就職時の人材選抜にはどのようなものがあるのか。

近年、就職活動者の人材選びは、より複雑かつ多彩になっています。
そこで、人材選びのツールとしてどのようなものがあるのかみていきましょう。
まず、インターネット環境が世間に広まり、就職活動でのインターネット活用は絶対的なものとなっています。

インターネットがなければ、就職活動の土俵に上がることが出来ないと言っても過言ではありません。
会社見学をはじめ、エントリーシートの登録、面接日の連絡、合否通知など、すべてのものがインターネットを通して行われています。

つまり、インターネットを使用できない者は、その時点で選抜対象とならないということです。
次に、グループワークなど受験者が共同で、企業に与えられた課題を解決していくという形式もよくみられます。

これは、企業にとっては、受験者の人間性を確認することにとても適したものと言えます。

実際に、面接を行うだけではなかなかその人材の中身を確認することは難しいですが、グループワークのような同年代だけで話し合い、行動することで、受験者自身も肩を張らずに取り組むことができ、その人の真の人となりをよく観察することが出来ます。

もうひとつ、現代の人材選抜の特徴的な部分として、リクルーターというものがあります。

それは企業の人事部門ではなく、実際にその企業に入った後に携わるであろう部門から社員を派遣し、受験者の聞きたい部分と選考者の知りたい部分を互いに本音で話し合えることが出来るような架け橋的な役割を担っています。

これにより、より互いに有益な活動が行えるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ