企業が人材を採用した際、人材紹介会社がもらう手数料について

転職を考えたとき、人材紹介の転職支援サービスに登録するという手段があります。
これらのサービスは、転職希望者であれば企業の紹介から転職成功まで、全てを無料でサポートしてくれるのが一般的となっています。
では、会社はどこから収入を得ているかというと、転職希望者が入社した企業側から紹介手数料を獲得することによって運営されています。
まず、あらかじめ採用活動を行なっている企業から、求人依頼を取り付けます。

次に、転職希望者を募り、求人依頼を取り付けた企業に対して人材の紹介を行い、そして、入社が決定した時点で手数料を企業の人事部宛に請求するような仕組みとなっています。

手数料の金額は会社によって異なりますが、概ね転職希望者の採用した企業が決定した年収額により決まります。

次に、支払いが発生するにも関わらず、企業が人材紹介会社を利用する理由についてご説明します。

まずは費用の問題で、仮に人材紹介会社を通さず、求人を広告などで公募した場合、募集する段階で費用が発生しますが、ニーズに合った人材が見つからなかった場合でも、かかった費用は戻ってきません。

そんなムダとリスクを省けるというメリットがあります。

次に、会社が企業と転職希望者の本音、お互いに受け入れられる条件、受け入れ難い条件についてもよく考えているため、双方としっかりとコミュニケーションしていくことで可能性を判断し、企業にとっての採用、転職希望者への転職成功へとつながっていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ