社会の変化に対応した人材育成とは

社会における変化が著しい昨今では、人材育成が企業において重要になっています。
なぜなら、早く適切な対策を取らなければ、大きなアドバンテージを奪われてしまうからです。
どの様にすれば社会の変化に対応した人材の育成が出来るのか。
育成をすると言ってもただ闇雲に行うのではなく、企業の戦略に沿ってきちんと行わなければなりません。

戦略の実現に向けて、変化している現場では効果的に推進していける育成が求められています。

育成をしようと様々な研修や講習会といったOff-JTを開く企業が増えてきていますが、やはり、依然として多いのがOJTを育成の中心として置いているところです。

現場で育成を行うという意識を強く持っている企業が多い事から、現場の管理職等、育成を担当する人の重要性が新たに問われています。
この人材育成は、企業の根幹に関わります。

企業の理念を人材の成長と共に達成して業績を上げる事を目的とし、働いている人も、自身のスキルアップや会社の成長を感じて、将来的に双方がメリットを感じなければなりません。

しかし、現在の育成方法が、企業の理念に沿って行われていないと意味が無くなってしまいます。
育成と企業の理念がきちんと繋がっているのか、始めに検証をしなければなりません。

元来、企業の強みは、一人一人の力を集めた組織力です。
この不景気の中で効率よく育成を行い、経営に貢献する事が出来る人材を育てる事こそが、今を生き抜く為に重要な事だと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ