成長する企業の人材育成の取り組み方について

長く同じ業界で存在感や実績を表す事は並大抵の事ではありません。
人材育成の取り組み方で、企業の伸び方や支持のされ方が大きく変わります。
優良企業と言われる会社では、どの様な形で人を育てているのでしょうか。

世界的にも有名で日本を代表するTOYOTAでは、モノ作りは人づくりを創業当時から受け継ぐ言葉として人材育成に努めています。
社員が持つ力や能力を存分に発揮できるよう、専門知識への向上や語学教育、所属部署内での業務の確実性に力を注いでいます。

プリンター等で有名な富士ゼロックスは、会社が人材育成の場であるとして、突然の変化や急な出来事にも、自ら考え行動できる人材を育成する事を目指しています。

現場と人事部と教育部が一体となって組織の強化に取り組む事で、企業全体を支えています。
また、どの企業でも大きな課題となるのが新入社員への教育です。

はじめは会社の一員である認識を持つ為に、雑務をこなしながら上司や先輩の動きを見せます。
そして、上司の指導のもとに少しずつ実践業務に入り、失敗やミスを経験して、次への対策や反省をしていきます。

そのうち一通り自分で出来るようになり、要領やコツが徐々に掴めるようになってくるでしょう。
独り立ちの時が来たら余計な口出しはせずに、本人らしい仕事が実践できるよう距離を置いて見守ります。

業種や個人によって様々ですが、働きやすい環境づくりと顧客への満足を第一に考える、その様なシンプルで当たり前の心構えが企業全体を支えています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ