人材開発に強い機関について

国際的な人材育成が急務とされている昨今、大手企業や官公庁等では人材教育に力を入れ始めています。
様々な資格取得は勿論、特に外国語の学習や資格の取得に関しては、研修を開催したり、助成金を支給したりと色々な支援を行っている企業が多く、社員教育や社内研修等、人材開発に強い様々な機関があります。
例えばPHP人材開発では、入社内定者教育からコンプライアンスまでの教育の提案、社員教育・研修のDVD等の教材開発を手掛けています。

PHPとは、パナソニックの創始者である松下幸之助が「繁栄によって平和と幸福を」との願いのもとに創設したもので、様々な分野での研究・啓発・実践に取り組んでいます。

特に人材の育成や開発に力を入れており、多くの企業が注目しています。

一般財団法人公務人材開発協会では、公務に携わっている方に対しての各種セミナー及び研修会の開催や受託、外部からの面接官や講師の派遣、コンサルティング、教材の発行や販売等の事業を行っており、人材の開発に特化した機関です。

また、JICAと協力して国際協力研修を開催する等、国際協力にも貢献しています。
接遇研修や職場適応性検査等も行っており、人材育成に関するきめ細やかな対応が可能です。

研修の目的に応じたオリジナルの教材の作製も手掛けていますので、様々なセミナーや研修に利用するのも良いでしょう。

人材の教育や開発はグローバル化を進めるため、世界で活躍出来る若者を育成する上で大変重要な課題です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ