適した人物を見つけるための人材採用のポイント

大企業から個人経営者まで、人材採用の過程は募集、面談、採用と同じ流れで行われます。
沢山の応募者の中から自社に適した人物を見つけ出すのは至難の業であり、多くのエネルギーを伴います。
書類審査や適性テストの他に、最近では、うつ病対策でストレス耐性テスト等を行う企業もあります。

中でも履歴書は大切な情報源で、これは応募者側も履歴書の書き方で面接の可否が決まる程の気持ちで書類を仕上げてきます。
自分に不利益な情報やブランクの期間を記入しないことはせずに、偽りのない正しい書類の提出が好ましく、採用担当者の見極める力が試されます。

書類だけでは分からない点も、短時間の面接で相手の人間性を十分に引き出します。
人材採用時には神経と労力が奪われます。

面接官は多くの応募者との接触し、長い時間面接官ばかりが話したり、面接時間が長すぎたり、質問内容がセクハラまがいである等、会社の印象が落ちない様に気をつけましょう。

応募者も、会社の雰囲気や様子を短時間の面接の中で一生懸命に模索していますので互いが真剣勝負です。
最近では、二次試験や数日間の実際の職務体験を面接に組み込む企業も多くなりました。

こうする事で採用後すぐに辞職する事を防止でき、職務を通しての応募者の本質を見抜けるというメリットがあります。
応募者側からしても、採用されてからこんなはずではなかったと後悔せずに済みます。

多くの業界で人材不足が深刻化している現代には、人材採用は優秀な人材を確保する為の大切な一歩と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ