グローバルな人材育成の為には

グローバルな人材育成の為に、現在国をはじめ様々な機関で支援事業や育成事業を行なっています。
文部科学省では大学教育のグローバル化を図る体制整備を推奨しており、産業においての国際的な競争力の向上と各国との関係の強化、国際的な舞台に積極的に挑戦して活躍出来る人材の育成を目的に、「スーパーグローバル大学創成支援」事業を展開しています。

これは、世界で活躍出来る人材の育成事業に取り組みたい大学に対し支援を行うものです。
大学改革と国際化を目指して国際競争力の強化に取り組む、大学の教育環境の整備支援を目的としています。

各大学の公募制で、取り組みたい事業の構想を提示し、審査を通過した大学の財政支援を最大で10年間行う事業です。
そして経団連では、「グローバル人材育成スカラーシップ」を行っています。

世界に積極的に挑戦し、海外留学やビジネスに活かしたいという意志のある学生に、1人100万円の奨学金を支給するという事業で、使途は限定せず、自己研鑽や見聞を広めるなど様々な経験を積む為の資金として支給しています。

奨学金の提供を受けて留学する学生に対しては、留学中の課題の共有会の開催や、将来の進路に対して企業や財団事務局などが助言を行なったり、帰国後は合同就職説明会や面接会に優先的に案内されるといった支援が受けられます。

応募資格には単位取得数や留学の開始時期など様々な条件がありますが、チャレンジしてみる価値は大いにあるでしょう。

その他にも、たくさんの企業や機関で人材育成に取り組んでおり、国際競争力向上に力を入れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ