企業における人材研修は重要なものです

企業にとって人材は貴重な財産であり、企業が求める人材を育てる人材研修は非常に重要なものです。
研修には、「OJT」(On the Job Training)と「Off-JT」の2種類があります。
「OJT」は職場内研修の事で、仕事に必要な実践的な知識やスキル・技能を、日常の業務を通じて上司や先輩から学びます。
これは、多くの企業で社内研修の中心となっているものです。

一方「Off-JT」は職場を離れて行われる研修で、その種類は様々あります。

新入社員、管理職などの階層別に行われる「階層別研修」や、経理・営業・製造などの各部門で行われる「部門別研修」などで、これらの研修では、各階層、部門で共通に必要な知識やスキルを学びます。

また、必要に応じて語学やPCスキル、プレゼンテーションなど、個々のビジネススキルを向上させる研修も人材育成に有益です。
しかし、これらの研修を全て社内で行うのは、計画の立案や講師の確保など容易な事ではありません。

そこで、社外の研修機関を利用するという方法を取る事も出来ます。

様々なコースを揃えている会社、あるテーマを専門的に扱う会社などそれぞれ特徴を持っていますが、同じ名前の研修でも、研修会社により内容が異なる場合もあるので注意しましょう。

また、利用する際も研修会社が主催するセミナーに参加する・研修会社から講師を派遣してもらう・研修会社にコンサルティングまで依頼するなど様々なケースがあります。

その為、研修会社を選ぶ際は、会社が求める内容や方法と合致する研修を提供してくれる所を選ぶ事が重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ