40歳以上のキャリアを身に付けた人材を活かす東京人材銀行

人材銀行とは、全国12か所の主要都市で40歳以上の管理職、専門職、技術職に就いていた人という限定した中で、再就職や転職の支援を行う職業安定所の機関です。
その中の1つが東京人材銀行になります。
では、具体的にどんな人が該当するのかと言うと、どの職種でも40歳以上であることが絶対条件で、通常の職業紹介では若い世代の就職に力を入れて斡旋していますが、人材銀行に関してはキャリアや経験を積んだ人が対象になっています。

まず、管理的職業は課長以上の管理をする業務に従事していた方で、総務課長や営業課長、支配人、企画室長などになります。
次に、技術の知識や経験、資格を使った業務を行っていた人は、建築技術者、土木技術者、電気技術者、SEなどが該当します。

さらには、薬剤師やデザイナー、通訳など専門の知識や資格を使った職業に就いていた人も対象です。

それらの人たちが人材銀行に相談に行きますと、まずは今までの経験やキャリアが活かせる職場を紹介されますが、今持っているものだけでなく、更に持っていたら活かせるであろう資格の取得もアドバイスしてもらえます。

例えば経理事務の経験があり、簿記の資格を保持していて転職を希望したとすると、今あるキャリアだけでも新しい職場は紹介されます。

そして、さらにパソコンの技能検定であるマイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取れば、事務系でも仕事の幅が広がる上に、就職の際に有利になることは確かです。

中高年の転職や就職は容易くはありませんが、自分を磨く向上心があれば高いハードルではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ