大手企業では女性の人材活用を積極的に行っております

女性の社会進出が増え、様々な大手企業が積極的に女性を雇用しています。
その中でもソニーは人材活用ランキングで首位になっており、企業全体に占める女性比率が18.2%と高く、平均勤続年数が男性より長いという結果が出ています。
更に、管理職や部長職が多いのも特徴で、女性が活躍出来る企業と言えるでしょう。

働きやすい環境も整っており、短時間勤務の他に、育児休業中や小学校低学年の子供がいる人を対象に、週1から2回の在宅勤務が可能となっています。

ベビーシッターや託児所を利用する為のクーポンもあるので、育児が忙しい社員でも安心して仕事に臨む事が出来ます。

そのソニーと同じく首位である東芝も女性活用に力を入れており、その他にも外国籍従業員数や障害者雇用比率等を社内管理指標としており、更にキャリアアップや資格所得の支援が充実していますので、従業員のモチベーションが上がり能力アップに繋がる体制が整っています。

特に、女性が必要な子育て支援が進んでおり、短時間勤務はもちろん、職場復帰プログラム等を実施していますので、子育てで退職する必要が無い様に制度が整備されています。

次にランクインしている富士通は、優先課題として女性幹部社員の輩出に向けた活動を推進しており、女性リーダー育成プログラム等を実施して、長期的なキャリアの継続を支援しています。

更に、個人に合わせた育成プログラムや女性社員を対象としたフォーラムやイベント等も多く開催されています。
この大手企業の他にも、女性を活用する中小企業が増えています。

これからも社会活性の為に、女性の人材活用が増えていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ