人材紹介で多い求人の職種

求人に関するサイトを見てみますと、「人材派遣」と「人材紹介」と明記されている会社があるのが目に入ります。
人材派遣と人材紹介の大きな違いには、就業時の雇用主についてが挙げられます。
人材派遣会社の場合は、実際に就業している会社ではなく登録した派遣会社が雇用主となり、人材紹介会社の場合は、実際に働いている会社が雇用主となります。

派遣会社の特徴としては、就業希望者と直接雇用契約をして、派遣先に派遣会社の「派遣スタッフ」として就業します。
したがって、給与や各種社会保険等の福利厚生は、雇用契約を結んだ派遣会社から支給されます。

一方の人材紹介会社は、企業が社員を募集する時に就業希望者を紹介します。

その為、就業希望者は紹介会社ではなく就業する企業と雇用契約を結ぶことになり、給与をはじめ福利厚生は雇用主である企業から支給されることになります。

一般的に人材紹介会社は求人企業からの紹介手数料で運営されていますので、就職や転職希望者は無料で紹介をして貰えるところが利点と言えます。

求人の業種や職種で見てみますと、現在は派遣会社の求人情報の方が多くなっています。
人件費のコスト削減を実施する企業が増えていることから、様々な幅広い職種に亘って利用されています。

どちらを選ぶかは個人の価値観やライフスタイルによって分かれるところですが、双方の特徴やメリット・デメリットをよく確認し、就職活動に上手く利用することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ