飲食店においての人材育成

街を歩けば様々な飲食店が軒を連ねており、会社の昼休みに同僚とランチをしたり、週末は家族とファミリーレストラン等に出掛けたりするという人は数多くいます。
特に日本の店はサービスや従業員のクオリティが高く、海外でも話題になった「おもてなしの心」で外国人からも絶賛されています。

人気のある飲食店では人材育成に力を入れており、面接採用時から相手のやる気を引き出していきます。
何故やる気が必要かと言うと、この意志が無ければマニュアル通りにしか動けませんし、自分で考えて行動出来ないからです。

言われた通りに動くだけでは相手を満足させる事が出来ず、きめ細やかなサービスを提供する事が難しくなります。
まずは従業員の意識を変えてトレーニングしていきますが、目的や目標等を明確にし、分かりやすく説明する必要があります。

また、口頭で説明するよりも担当者が実際にやって見せる事で呑み込みが早くなる場合があります。
従業員もそれぞれ個性や能力が違うので、担当者は相手に合わせて臨機応変に対応すると良いでしょう。

その後、教えた事を一人で行わせて間違いやアドバイスを丁寧に説明し、相手との信頼関係を得るのも重要なポイントになります。

そして、飲食店では清潔が第一なので、手が空いた時にはすぐに掃除に取りかかるという心構えや、身だしなみに気をつかう意識を持たせ、その他にも、従業員同士のコミュニケーションを図るイベントを取り入れる事も大切です。

相手を知れば会話のやり取りが円滑になりますし、信頼関係が出来たチームワークでよりよいサービスが提供出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ