英語に特化した人材の需要

楽天やユニクロを展開するファーストリテイリングなど、日本を代表する大企業が社内公用語を英語にしたことは知られていますが、英語を話せる人材の需要は更に高まっているのが現状です。
各企業は、グローバルな人材の採用を加速させており、事業展開において活用の場を広げています。

それに伴い求人も増加していて、国内のマーケットに限界を感じている企業が、販路や販売拠点を国外に移し始めていることが要因のひとつと言われています。

では、どんな業種や職種での需要が高いのでしょうか。
現在では、メディカル、メーカー、商社等の業種で需要が伸びています。

その中でも、顕著に数字を伸ばしている業種に科学、素材、エネルギー分野があります。
各企業の得意とする分野においての求人案件が増加しており、需要の確実な高まりを示しています。

人材需要の多いスキルを見てみますと、初級レベルから上級レベルを問わず、どのレベルにおいても需要が伸びています。

社長秘書や海外で活躍するビジネスマンなど高度のレベルを必要とする職種は勿論、企業の受付やサービス業の案内などの職種が多く、基本的なスキルを持ち合わせたレベルでの需要が高まっているのが実情です。

TOEICテストをはじめとした英語の試験や資格は、就職活動をする上で必ず身につけておかなければいけないスキルと言っても過言ではありませし、必要とされる人材となりキャリアアップを図る為には、企業のニーズをしっかりと捉え、自身を磨く努力を惜しまないことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ