企業における人材育成と研修の重要性について

人材育成は、どの企業においても一番の重要なテーマです。
人材の成長に伴い企業も大きく成長することが最大の目標で、それによって従業員の昇進や昇給につながり、やる気が出ることで企業が更に成長します。
しかし、実際には多くの企業では苦戦しており、特に新人育成に関する研修は最も重要な項目となっています。

学生だった新入社員が社会人としての自覚を持ち、ビジネスマナーや知識を習得していきますが、半年前後の期間を掛けてしっかり行い、新入社員の早期離職を防止します。

現代は、ゆとり世代と言われる年代が新入社員として入社しています。
世間で言われるマイナス面を見て全員を一括りにせず、プラスに変える企業側の意識変換が重要です。

最近の研修は座って話を聞くばかりの受け身な状態ではなく、グループでの活動を通して、意見交換や助け合うことでの実践研修が多く、自ら考えて行動することで達成感や同期仲間との結束が強まります。

海外研修として新入社員を海外へ派遣し、過酷な状況での問題を解決する力や、異文化に触れることで自分自身の意外な一面を発見することもあります。

新人のみならず、一般社員にもプラスになりそうな注目プログラムが多くあり、最近の国際化に伴い多くの企業で取り入れ始め、今後も増える傾向です。
また、営業系の新入社員が工場での現場研修を行う等、各業界での創意工夫が伺えます。

新入社員を会社に貢献する社員へと成長させるには、見守る企業側のケアや環境作りが重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ