人材確保に向けた地方への支援や対策

若くて優秀な人材を地方に定着させて、更なる移住者も受け入れる為に、厚生労働省では地方で働く事を希望する人への支援を積極的に行なっています。
ハローワークでは、地方就職支援コーナーを設置して、専門の相談員からの職業案内や、生活に関する医療や行政の情報提供を受ける事が出来ます。

福島就職支援コーナーを設置しているハローワークを例に挙げると全国に7か所あり、福島へ帰還して就職する事を希望する人が各地で利用する事が出来ます。

農業や漁業へ関心のある人には講習や研修の案内やパンフレットの提供を行い、都道府県の各関係団体と連携して人材確保に努めたり、地方への移住希望者やUターン就職を希望する人へ向けた合同就職説明会の案内を行なったりしています。

総務省では人材力活性化プログラムを立ち上げ、地域活性化を目指して若者の定住と移住の受け入れに力を注ぎ、中心都市部だけでなく全ての地方で安心して暮らせる環境を整える事を目的としています。

人や物流が動けば地域経済にも大きく貢献出来ますし、個々の人材力の育成と強化を目指して、座学だけではない現場での活動経験を豊富にすれば、地域内で顔の見える関係を築けネットワークの確保に繋がります。

また、地域町おこし隊や復興支援員等の外部からの人材を積極的に受け入れる取り組みも行なっています。
若い力も必要ですが、今まで地域を支えてきた経験豊富なシニア世代の活躍も重要なので、セミナーや講座に積極的に参加して交流を図りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ