人材募集の広告は求める職種によって掲載媒体を選ぶのがポイント

インターネットを使っての人材募集は比較的ポピュラーな媒体と言え、多くの人にとって「リクナビ」や「ジョブセンス」などは仕事を探すためのお馴染みのサイトになっています。
しかし、求人をする側の企業にとっては、ポピュラーだからと言って求人サイトしか利用しないのは勿体ない事と言えます。
なぜなら、どの媒体を通じて広告を出すかで得られる効果が異なってくるからです。

インターネット以外にも、新聞をはじめフリーペーパー型の求人雑誌や新聞折り込みなどが挙げられます。

まず新聞の場合は、年齢層が比較的高く、何らかのスキルを持っている人やサラリーマンが読者として多いので、キャリア採用には最適な媒体と言えます。

また、求人雑誌の「an」や「タウンワーク」「ジョブアイテム」などはよくコンビニなどに置かれているため、フリーターや主婦などが見る割合が多い傾向にあり、折り込みチラシは、年齢は新聞読者の年齢層と同様ですが、新聞以外にも目を通す時間的余裕がある主婦やフリーターが多いと見られます。

最後に求人サイトですが、サイトを見る手段としてパソコンを使うか携帯を使うかで見ている人の年齢に違いが出てきます。
パソコンで見ているのは20代後半から40代で、仕事でもパソコンを使っている人が大多数となります。

一方、携帯では10代から30代前半ぐらいで、アルバイトやフリーターが多いのが特徴です。
ですから事務職ならパソコン版に掲載し、接客業なら携帯版に掲載するなど工夫が必要になります。

このように人材募集の広告は、企業側で求める人材や職種によって媒体を選んで利用する事が大切と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ