3つの形態を持つ人材紹介会社の特徴

人材紹介会社という言葉を耳にしたことはありますか。
これは人材バンクとも言われており、厚生労働大臣の認可の下で企業からの求人依頼を転職希望者へと紹介している民間の会社です。
こうした会社は転職先の企業をただ単に紹介するだけではなく、専任のコンサルタントがスキルやキャリアといった面を総合的に考え、適正かどうか見極めた上で、最適だと思われる企業を提案してくれます。

また、年収の交渉など個人から企業へは直接聞きづらいような相談も人材紹介会社のスタッフに行なってもらえます。
さて、この紹介会社についてですが、大きく分けると3通りの形に分けることが出来ます。

1つ目が登録型と呼ばれるもので、これは企業からの求人依頼と転職希望者からの求職依頼をそれぞれ受けた後、転職者の条件に合う企業を紹介します。

3通りある形の中では、最も一般的な人材バンクの形態です。
続いてサーチ型は、企業からの求人依頼を受けて最も合う人材を現役で活躍している人の中から見つけ、企業に引き合わせます。

こうした形は、別名でヘッドハンティングなどと言われる場合も多いです。

3つ目となるアウトプレースメント型は、人員の整理などが理由で働けなくなった社員を、グループ企業あるいはそれ以外の会社で再び働くことが出来るよう支援を行っていきます。

人材派遣会社なら希望する仕事先が見つかりやすいですし、登録も無料で様々なフォローに当たってくれるので、利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人材

このページの先頭へ