NHKデジタル教材によってかわった学びについて

NHKデジタル教材の目的は、日本全国の小学校の教材として利用するために作られました。
元々、教育現場では白黒の印刷されたテキストや教科書による学習でしたが、カラー映像や動画を使用した教材を使うことにより、子ども達に対する学習がスムーズに行えるというものです。

百聞は一見にしかずということわざがあるように、この教材は動画というストリーミングとコミュニケーションを組み合わせることによって、視覚的にも感覚的にも具体的に子ども達に理解がしやすく作られています。

このNHKデジタル教材は、ストリーミングデータベースとデジタル教材Webサイト、交流掲示板の3つの大きな仕組みから成り立っています。
ストリーミングデータベースは、動画と音声、文章に分かれ、テキスト文章は動画や音声が進むと自動的に切り替わるようになっています。

デジタルwebサイトはストリーミング技術を活用したサイトで、youtubeの様な感覚で利用でき、授業をオンラインで学ぶためのサイトです。
ゲームをしたり検索することによって学習を進めていけます。

交流掲示板は遠く離れた学校の生徒と話せる機能があり、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を使用し、レポートやレジュメをアップロードしたりしながらコミュニケーションが図れます。

またこのデジタル教材の最大のメリットは、通信教育として家にいながら学習が可能なことです。
このため、子ども達の好きな時間に自分のペースで何度でも繰り返して学習に取り組めるという点が上げられています。

繰り返し何度も学習することは勉強にとって大切なことです。
このように、NHKデジタル教材は、分かりやすく動画で説明しているので、勉強に苦痛を感じずに持続して学習することが可能となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ