子どもの教育教材を選ぶ際は、子どもの性格や目的に一番合ったものを選択することが大切です

子どもの教育教材を選ぶ際、やはり、教材ごとの特徴を知り、目的に一番合ったものを探し選択することが大切です。
例えば、小学校の間は、とにかく勉強に興味を持って欲しいとか、学校教育の補助的な存在が欲しいとか、楽しく読み物などを読みながら学習できる方がやる気のでやすい子だとか、そういう場合は、あまりレベルの高いといわれる講座よりも、絵やキャラクターがテキストに多く出てくるような、子どもが馴染みやすい教材を選ぶ方が良いでしょう。

中学受験を計画していて、それもレベルが高いところという場合は、やはり、レベルが高い教材を選んだ方が良いですし、受験対策コースを設けているものもあるので、よく調べ検討するべきです。

難関国私立中学を狙う場合は、家庭での学習がやはり大切になってくるので、教材選びは慎重に行いたいものです。

また、そこまでの目的ではなくても、楽しみながら学びたいという子に、親が望むからとそういったレベルの教材を与えてしまっては、やる気が生まれにくく十分な活用ができないかもしれません。

子ども自身が選んだり、比較検討したり、親も一緒によく話し合ったりして、選びましょう。
そして、中学に入ってから、目的が変われば、また違う教育教材に変更するという方法もあります。

中学から勉強に目覚め、より高いレベルの高校を目指す子もいるので、その場合は、臨機応変に教材を変更するのも効果的です。
本人のやる気を引き出し、高い学習効果を得るためにも、親が一方的にではなく、子どもの意向を反映した選び方をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ