幼児教育に最適な学習教材の選び方

日本人の教育熱は学習塾の多さや進学率の高さからも分かりますが、実際に勉強を教えることとなると、家庭での学習よりも塾や通信教育、家庭教師などのプロの指導に任せることが多いのが実情です。
多くの学習塾は小学生からが対象となっており、早期幼児教育は特殊な学習塾が専門的に行っている場合が多いです。

しかし、地方都市ではこのような早期教育専門の学習塾が存在していない場合も多く、早期教育を行う場合には遠くの学習塾まで送り迎えをすることが必要となる場合もあります。

このため、家庭で子供の学習を行うことが現実的な教育方法となっています。
そこで、家庭で教育を行うための学習教材を選ぶことが必要になりますが、実際にどのような教材を選ぶべきかは大きな悩みとなるでしょう。

教育書籍等を多く出している出版会社は、早期教育用のドリルや問題集を多く出しており、複数の出版社の教材を比較して選びます。
ここで注意したい点は、教材は親が教えたいことではなく、子供が興味を持つ教材を選ぶことです。

幼児にとって勉強をするという概念はまだ存在していない場合も多く、興味の無いことを無理やり教えられると勉強はつまらないものだという認識が生まれてしまいます、このようなことを避けるため、子供が興味をもった教材で楽しく勉強の習慣を身に付けさせ、段々と難しい勉強へとステップアップすることが必要です。

このため、最初はひらがななどを暗記させるのではなく、クイズや迷路など子供が楽しめる遊びを工夫した教材を選ぶことが、今後の子供の成長にとってはとても大切なことなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ