理科教材で子供に科学への興味を持たせる方法

日本の子供の理科離れが言われていますが、実際に小学校低学年では理科の科目の代わりに生活という科目になり、学年が上がって始めて理科という個別の科目が登場します。
このような指導方法では、科学に対する興味を小さな頃から育てることが難しいため、科学全般に対する子供達の興味も薄れることになるのです。

このような状況から、古くからの科学学習雑誌が休刊になるなどの影響も出ています。
しかしながら、子供に科学への興味を持ってもらいたいと願う親も多く存在しているのも確かであり、学習塾の代わりに理科の実験を専門に教える塾も登場しており大変な人気を得ています。

また、家庭で簡単に科学の実験を行うことができる理科教材や家庭の日用品で科学の実験を行う方法を紹介した書籍などもあり、家庭での科学教育は昔に比べれば簡単に行うことができるようになりました。

特に夏休みの自由研究などに利用できる教材も多く販売していることから、学校での学習の補完的な役割として教材を利用することもできます。

実際に様々な種類の理科教材が販売されていますが、太陽光発電などの最新のエネルギーについての実験から、風力などの古くからのエネルギーを利用した実験まで、今話題の再生可能エネルギーの実験を行うことで、エネルギー問題に興味を持たせることも可能です。

また、手作りのプラネタリウムや化石の観察など、自然の不思議についても学習するための教材も販売されており、子供の科学への興味を持たせるのに最適な方法となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ