子どもたち向けの保健教材は、魅力的なものに

子どもたちが勉強する学校では、保健指導も行われています。
家庭で教わることを、改めて学校でも教えることがあります。
十分な環境が整っているため、日本では保健指導があまり重点を置かれない傾向になりつつありますが、近年、少しずつ変化してきています。

子どもたちへの保健指導は、子どもたち自身が理解し実践していくうえで、とても有効的な取り組みです。
指導を行う際に、子どもたちの理解を促す役割を担うのが、保健教材です。

専門機関から提供された保健指導向けの教材を用いるのも適した指導方法につながりますが、子どもたちの年齢、興味分野に着目し、指導員自らが教材を作ることも、子どもたちの飲み込みを促す、すばらしい取り組みです。

読みやすくするだけでなく、見やすくする、印象に残りやすくすることをヒントに、教材を作っていきます。
保健指導で使える教材は、授業などを通して見せるものだけではありません。

ご家庭で親御さんとじっくりみてもらえるように、チラシを用意することも、立派な教材になります。
また、教室で子どもたちがいつでも見られるように掲示しておくための、ポスタータイプの教材も役立ちます。
保健指導というのは、日々積み重ねていかなければならないものです。

一度の授業だけで、まとめて頭にいれられるものではありません。
なぜなら生活に密着しているからです。
日々、接することができるように、教材は工夫して興味を引く魅力的なものにすることが大事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ