本当に役に立つ研修教材の選び方

企業が社員に行う社内研修や、外部の人間に対して行う研修など、学ぶことで企業の人材を育成する目的や、税制度や法律改正などについて広く知らしめるための目的など様々な形式の研修が存在していますが、実際に多くの人に対して何らかの知識を伝えるという目的では共通しています。

このような研修において、社会人としてのマナーや一般的な問題解決方法などについては専門家に依頼することも可能ですが、講師を依頼する場合などは高額な研修費用が必要なこともあります。

このような経費を削減するために、自社内での研修教材を用意して社内研修を行うことで可能となります。
このためには、人事異動などで講師となる社内人材が変わったとしても、実際に研修の効果が大きく変わらないように、予め研修教材を準備しておくことがポイントです。

研修に必要なことは、知識を伝達することだけではなく、その会社が有しているスキルと社員全体で共有することが必要です。
このような場合には実際の経験談や社員同士の情報共有を目的とした教材作りが大きなポイントとなります。

実際に社員が研修を受けた後に実践可能なように、手順を追って説明すると共に、ストーリーとして社員の記憶に残るような研修資料を作成することが大切です。

また、このような研修資料については、時代の変化に対応できるように常に最新の情報を加えた資料とすることも大事になって来ます。
社員が今まで蓄積してきた営業や研究のノウハウを社員全員のものとすることが出来る研修教材が本当に役に立つ研修を行うためには必要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ