音楽の上達には音楽教材を上手に活用

音楽、特に楽器を習いたいという時においても音楽教材を上手に活用する事が大切です。
そもそも習いたい楽器自体、大切な音楽の教材のひとつである事に違いありません。
この他にも大切な教材としては楽譜があります。

楽譜にはたくさんの楽譜がありますが、まずは自分の興味のある音楽ジャンルであったり、自分の好きな音楽を演奏するのも大切な事ですが、音楽教室などに通っている場合には先生から今の自分にはどんな音楽が合っているかという事を教えてもらう事も大切です。

最近では人気の楽曲は、演奏者のスキルに合わせてアレンジされている楽譜が色々と出版されている場合がありますので、こういった楽譜の中から、自分の演奏能力に合わせた楽譜を選んで練習をはじめてみるのがお勧めです。

例えば現在楽器を始めたばかりなら入門者向けポップスの演奏しやすいやさしいアレンジがされている楽譜を選ぶのがいいでしょう。

たくさんのアレンジ譜の中から自分に合った楽曲を探すのはなかなか大変ですが、たとえば現在人気のあるメジャーなアーティストのポップスなどから始めてみると、演奏を聴いてもらう側としてもわかってもらいやすいし、これから習得した楽曲のレパートリーが増えるにつれて演奏をする楽しみが増えることでしょう。

また音楽教材としては他にも色々なものがありますが、最近ではインターネットを活用するというのも良案です。
インターネットでは楽器を演奏している動画がたくさん公開されているのでこういった動画の演奏を参考にして上達に生かすのも大切な事です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ