環境教育の楽しめる教材で広がる知識

環境教育には、エコに関することから、日本を飛び越えた世界中の環境破壊などについても含まれます。
身近なことが取り上げられやすい一方で、世界の環境問題につなげやすいという利点を持っています。
つながりをうまく利用すれば、環境問題を広く知ってもらうことができます。

その一つの方法として、教材を使います。
単にセミナーや講習を行ったところで、知識は身につきますが、日々の生活で何か変えられるかというと、なかなか難しいです。

環境教育の一環として、日常生活で実践できるような楽しめる教材を使うことで、個々人の認識にだけでなく、普段の生活スタイルにも影響を与えることができます。

具体的な教育ツールには、植物を実際に扱うものや、自然の中で行うものなどがあります。
暑い時期には、ついつい電気を使ってしまいがちですが、環境教育では、自然を上手に使ったエコ生活を伝えられます。

植物を、学校の外の窓に、カーテンのように広がるように育てることをテーマにすれば、家でも取り組める実践型の教育になり、親子で参加しなくても、教育ツールの一つに、家庭での取り組みを後押しするチラシなどを渡しておけば、子どもたちが学校で習ったことを、家で実践するように親に伝えます。

逆に、大人が学べば、子どもにも伝わります。
面白い教材が使われれば使われるほど、参加者の印象に残りますし、話題性に富んでいるので、環境に対する知識が、世代を超えて広く普及するようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ