司法書士の資格を取得するための教材は大手の予備校のがいい。

司法書士の試験は最難関の一つに挙げられています。
合格率は毎年3%を切る状態で、100人受けた中で3人も合格できません。
そして受験のために勉強に専念して何十年も受験している人も大勢います。

全くの独学で合格するのは100%無理とは言えませんが、ほぼ皆無と言え、合格する人は大抵どこか受験のための大手の予備校に通っています。

それではなぜ大手の予備校にいったほうがいいかと言うと、まず大手の予備校は長年受験を指導してきて、合格するためには何が必要なのかというノウハウを持っていますので、その指導のもとに勉強していけば効率よく知識を身につけることができます。

大手の予備校が使用している教材も非常に充実していると言えるでしょう。
これは大手の予備校は教材を作成に携わる人たちは、すでに試験に合格した人やまたは試験に合格はしていないがかなりの知識を持っている人ですので、おのずと試験の傾向や対策を考えて作成されています。

それからテキストにしても詳しく解説されていて、法律を全く知らない初心者にもわかりやすいように作成されているのも嬉しいポイントです。
そして問題集の解説も、なぜこういう回答になったのかということが詳しく記載されています。

これらも資格をもった人やまた合格に近い実力のある人が中心となって作成されているからであると言えます。
司法書士の試験に合格するには非常に細かくて、膨大な知識を要します。

そのため試験に出ない余計な知識を学ぶ余裕はありません。
そして大手の予備校の教材は試験に必要なことだけに絞って記載されているのでまさに合格のバイブルと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ