現在、ICT教材が普及してきています

現在、日本の教育現場ではICT教材の普及が急激に拡大しています。
ICTとは、Information and Communications Technologyの略で、日本語で情報通信技術を意味します。

IT(Information Technology)という言葉を見かけたり、耳にすることは多いと思われますが、ICTは知識やデータといった情報を適切に他者に伝達する為の技術という意味から、ITよりも情報技術が持つ本来の役割が強調されています。

ICT教材が急速に普及している理由は、数多く存在します。
授業でコンピューターを活用する事で、黒板に書き込んだり、黒板を消したりといった作業から来る時間のロスを短縮できるため、授業そのものの時間を多く取り、効率をアップする事が可能になります。

スムーズな授業の展開は、生徒達の集中力の維持にも役立ちます。
また、パソコンによって双方向での授業を展開出来るため、以前までありがちであった、教師による一方的なコミュニケーションによる授業を無くし、生徒達の授業への関心や意欲を高める事が出来ます。

そして、授業でパソコンを使う事の利点として、テキストや問題用紙に使われていた大量の紙を節約する事が可能ですので、コストと環境資源の節約に繋がります。

学習指導要領でも学習指導におけるICT活用は随所に例示されており、文部科学省においても、ICT活用により教師、児童双方に対して高い効果がある事が確認されています。
企業における人材教育においても、ICTの果たす役割が大きく期待されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ