コンプライアンスは研修やマニュアル教材で受講します

企業で働いていると、コンプライアンスという言葉を耳にします。
日本語で法令遵守と呼ばれ、企業が法律や企業理念を遵守することという意味で使われています。
企業の不祥事に対して、社会の目が厳しくなっています。

会社ぐるみの不正は論外ですが、不祥事はごく一部の従業員によるものが多く、ニュースなどで不祥事が取り上げられると、その企業の商品を購入しなくなる人が増えたりします。

それだけに、正社員だけでなく、派遣社員やパートやアルバイトでも、責任感が問われています。

1人の不祥事により信用を無くしたり、経営が成り立たなくなったりする危険性が存在しますが、社員が公正な業務を自覚することにより、不祥事を防ぐことができます。

遵守する範囲は企業の法令、社内規定、マニュアル、企業理念、社会貢献など幅広く、企業により違い、社内規定やマニュアルなどの、最低限のコンプライアンスを設定する企業も多いです。

信用やブランド力を高めるために、企業理念や社会貢献まで考えている企業もあり、企業での業務意識を変えることで、企業文化や社風を改善するきっかけにもなります。

その学習方法は、外部から講師を呼んで研修や、マニュアル教材での受講が一般的です。
他にもDVD研修、インターネットを利用した通信教育、ハンドブックなどがあり、パンフレットやハンドブックにまとめた教材なら、読むことで手軽に受講できます。

通信教育は分からないところはメールで質問ができたり、受講状況の確認もできたりとフォローも充実しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ