家庭教師の教材は、オリジナルのものや学校の教科書を用います

駅前や学校の近辺には、学習塾や個別学習の施設が多数ありますが、送り迎えが大変で、夜の帰宅中にトラブルに遭う不安もあります。
子供が不登校になると、学習したくても外に出て塾に行くのは困難で大変なことです。
家庭教師は自宅で学習ができて、子供の学習状況が確認しやすいです。

選ぶときは、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。
家庭教師派遣会社は学習塾の運営や、紹介と登録を行うだけの会社もあり、運営方針により、大学生を多く採用している会社もあります。

指導経験や合格実績の高いとプロとして、大手会社の評判講師となっています。
学習する場所は子供の自室が多いですが、自宅のリビングや、図書館などの公共施設で行うこともできます。

料金や時間も、学年やコースにより違い、生徒の目標に合わせて成績アップを目指したり、学校の授業の予習復習として利用したりします。
教材はオリジナルのものや、学校の教科書や参考書を利用することもありますが、トラブルもありますので注意しなければなりません。

オリジナルの教材を、高額な値段で買わされることがあり、また、講師となる大学生が、本当にその大学に所属していないこともあります。
大学の学習アドバイザーサークルとして、活動をしている場合も確認した方が良いでしょう。

契約に不安を感じたら、クーリング・オフができ、クーリング・オフ期間経過後も中途解約ができ、違約金等についても一定の制限があります。
教材をあわせて契約しても、関連商品として解約できるとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ