パワーポイントでどんな教材が作れるか

授業中、先生が説明しながら黒板に書いた内容を生徒が聞きとりながらノートに書き写す、というのが一般的な授業風景です。
しかし、パワーポイントを使用した教材を併用することで、生徒の関心や集中力を高めることに役立ちます。
このアプリケーションは、アイデア次第ですべての教科で活用することができます。

たとえば、算数や理科でグラフの変化に動きをつけて見せたり、問題をクイズ形式にするなど、楽しみながら学習する手助けとなります。
また、黒板に書く必要がないので先生の負担が減ります。

さらに、説明するタイミングに合わせて内容を表示できたり、動きのある表現ができるので生徒にも興味を持ってもらいやすく、内容も分かりやすくなります。

画像や音声などを効果的に使用したり、リンク機能で関連情報を表示することによって理解も深まります。

作成内容を再編集することもできるので、内容によっては基本的なものを作成しておくことで、いろいろなものに応用でき、プリントアウトして配布資料としても利用できるので便利です。

自分で一から教材を作り上げるのは大変という方は、インターネットのサイトでダウンロードできるものがあるので利用したり、それをヒントに制作してもよいでしょう。

有効に活用することで効率よく授業が進められ、より内容の濃い学習が見込めるほか、興味や関心を持つことで生徒たちの学習意欲も高まります。
パワーポイントの積極的な利用を考えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ