使う人に分かりやすい教材編集とは

ひと口に教材といっても、さまざまあります。
通信、書籍、テキスト、映像や電子媒体などがあり、その対象も幼児から大学生、社会人まで、利用する年齢層も多岐にわたります。
これらを使った学習を始めようと思っても、種類が多く、どれが自分の目的に合っているのか迷ってしまうものです。

そこで、サンプルや資料を取り寄せたり、実際に利用したことのある経験者の口コミなどから比較、検討してみるとよいでしょう。

例えば通信では、添削をしてくれるものがあり、採点だけでなく解き方のヒントや間違えた問題の解説、やる気を出させてくれるコメントなども一緒に書いてくれるものもあります。

また、学校で使用している教科書に沿った内容のものもあるので、授業の予習や復習に向いており、さらに受験に対応したものもあります。
それぞれの特徴やポイントをよく確かめて選びましょう。

それでは、これらはどうやって作成されているのでしょうか。
教材編集の仕事を簡単に説明すると、まず教材を提供している企業などが各学校のカリキュラムや入試傾向などを調査します。

問題と解答は現役大学生や卒業生が執筆することもありますし、例えば医療なら医療の専門的な知識が必要ですので、その分野に精通した方が執筆しています。

また、専門の編集プロダクションに依頼したりします。

そして、執筆された原稿の問題レベルは適切か、問題文は誤解なく伝わる文章になっているか、解説は分かりやすいかなど原稿内容を検討し、最後に
誤字脱字をチェックして仕上げます。

自分の目的に合致した教材を上手に活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ