塾教材は一般販売されているのか

受験勉強や成績アップのために、学習塾が活用されています。
学習のための整った環境や優秀な講師も魅力ですが、ほかにも、その塾専用の教材も人気のひとつになっています。
塾教材には、さまざまな種類があります。

幼児教育から、小学生、中学生、高校生向けなどの学年別のもの、英語や数学などの教科別のもの、入試対策用や通年用教材、学校準拠教材などです。

これらは、それぞれ効率よく学習するためのものであり、出版社によって内容も異なります。
教科書と比べると、単元ごとに問題集が多く取り入れられていたり、ポイントが書き込まれていたりとさまざまな工夫がされています。

では、購入するにはどうすればよいのでしょうか。
これらは塾用教材ですので、出版社や代理店も一般ではなく、塾経営者向けに販売しています。
インターネットでまずは、資料請求をしたり、見本請求もできます。

中にはその塾独自のテキストを作成している場合もありますが、多くはこういった塾向けに作成されたテキストや問題集を吟味して購入し、カリキュラムに導入しています。

受験生がいる家庭など個人的に購入したい場合は、多くの出版社では個人向けに販売はしていませんので、オークションを利用して購入することになります。

ただし、価格が高くなっていたり、欲しいものが必ずしも出品されているわけではありません。

また参考書のように、一般の書店で気軽に買えるわけでもありませんので、そうなると、やはり教材も魅力のひとつとしてその塾に通うことにするか、時間がなければ通信での学習もできます。

自分に合った学習スタイルを選択し、教材そのものだけでなくトータルで選択していくとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ