歴史を知る教材は教科書にはじまってテレビドラマまであります

歴史を知ることはとても興味深く、現在の自分達に繋がる何かを知り得ることもできて感慨深いものがあります。
歴史を知るためには教材を使うこともあり、主に学校などで教科書という教材を用いて学ぶ人が多いでしょう。
歴史には日本のものの他、世界各地のものがあります。

それぞれ学校の教科書で学ぶ場合は、その時代時代のトピックスをあげて、それに関しての概要を学ぶにとどまる場合が多く、大学などで掘り下げて研究する場合は別ですが、特に世界史については、中学・高校あたりでは浅く学ぶに留まります。

その様な状態でテストがあるため、ただ暗記する科目といった印象になってしまい、苦手な科目と捉える生徒が多いのです。
しかし、歴史は大変奥が深く、知れば知るほど楽しいものです。

教科書や書物などで学んだ上で、実際にそのゆかりのある場所に行ってみると、更に楽しさが倍増します。
中・高校生であれば訪れることが可能な範囲は近場になるでしょうが、大学生や社会人になれば、海外に行くことも可能でしょう。

過去の時代に出来事が起こった同じ場所に、実際に自分が立つだけでもロマンを感じるものです。

場所を訪れなくとも、テレビで大河ドラマを見ることもそのひとつの楽しみ方で、過去の英雄の人生に関わる時代の動きや出来事をドラマで見て、知り得なかったことを知ることができます。

大河ドラマは大変人気があり高視聴率をとっていますが、これこそ最も身近で簡単な教材なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ