適齢期を過ぎた幼児教材の買取による再利用について

幼児教材というものは、他の幼児や小児の用品と同じく、購入からある一定の年月が経ち、その教材を買い与えた子供が、その対象年齢から外れて育ってしまうと、他に兄弟姉妹が居るといった場合を除いて使われる事がなくなってしまいます。
そうなった場合、その品のほとんどはゴミとして処分されてしまうか、または収納スペースの奥深くで、使われる事も無く埃を被ったまま忘れ去られてしまうでしょう。

しかし、世の中では常に新しく子供が生まれてきて、その幼児教材を必要としています。

教材を製作している立場から考えれば、その新しい子供のために新品の製品が買われた方が良いのでしょうが、限りある資源を無駄にしないためにも、幼児の両親の財政のためにも、それらをリサイクルして、再びそれを使うに相応しい子供の手に渡るようにするという事は、社会のためにも良い事です。

昔であれば、近所同士、親戚同士といった関係から、譲られるという形でそれが行われていたのですが、今の社会では子供自体が少なく、また近所同士や親戚の付き合いも以前ほど濃密では無くなり、行き場の無い幼児用の用品が無駄に廃棄されたり利用されずに仕舞い込まれたままになってしまう事が一層増えています。

そのような状況の中、その家では用を終えた幼児教材の買取をする事は、資源の再利用と節約といった点から見て意味があります。

買い取られた品が、再び新しい持ち主、それを利用するのに相応しい年齢の幼児の手に渡って再利用されれば、社会の中の無駄を減らす事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ